長春毛精の有効成分を徹底的にリサーチ

長春毛精に使用されている成分は、頭皮に優しく毎日安心して使用できる自然由来の「和漢植物」です。

 

12種類もの和漢植物が使用されていて、無香料・無着色・そして使用感にこだわって作られています。以下で抜け毛に効果的であろうと言われる有効成分を見ていきます。

 

長春毛精の有効成分

甘草

甘草(かんぞう)は、マメ科で主にヨーロッパで自生しています。日本で使用されている漢方薬には、半数以上が使用されており、とても有名な植物です。

 

甘い成分が含まれていて、砂糖の200倍とも言われている甘さのようです。特に根に強い甘さがあります。そして、この甘さが、育毛にとても大きく作用します。

 

また、甘草は、頭皮の環境を整えて、良い状態を保ってくれる働きがあります。

  • 抗菌作用
  • 余計な皮脂が分泌しないよう、調整する
  • 頭皮のニオイを抑えてくれる
  • フケやかゆみなど、肌のトラブルを防ぐ
  • 炎症を抑える

 

このような働きがあるため、育毛剤に多く利用されています。長春毛精でも、主成分として使われており、多くの女性の発毛・育毛の手助けをしています。

 

ヒノキチオール

甘草とならび、長春毛精では大きな役目を果たしてくれているヒノキチオール。ヒノキに含まれている成分で、とても強い抗菌力・殺菌力があります。そのため、皮膚の治療薬にも多く利用されています。

 

防腐剤などに使用されることもあり、頼れる成分ということは間違いなしです。

 

脂性タイプの頭皮の人は、毛穴がギトギトとして菌が繁殖しやすいのですが、長春毛精にはヒノキチオールを配合していますから、菌の繁殖をしっかりガードし、フケやかゆみを抑えてくれます。血流を良くしてくれるし、収れん作用もあり、育毛に良い環境を作ってくれます。

 

アロエエキス

アロエエキスは良く効く名前ですし、私達日本人にはとてもなじみのある植物ですよね。そんなアロエには、育毛に力を貸してくれる成分が入っています。

 

薄毛の原因として、女性ホルモンの現状・男性ホルモンの過剰分泌があります。男性ホルモンが過剰に分泌されないように抑制してくれる「アイロン」という成分がアロエには含まれています。

 

また、肌を活性化する「タンニン」も含まれ、毛母細胞に働きかけてくれるため、薄毛予防になります。

 

ベニバナ

ベニバナは血流を良くしてくれるだけでなく、とても保湿力が高いのです。頭皮のキメを整えながら乾燥から守り、他の成分も頭皮に浸透しやすくしてくれる働きがあります。しっかりと潤うと、フケやかゆみもなくなりますので、ありがたいですね。

 

シャクヤクエキス

シャクヤクから抽出されるエキスは、頭皮の皮脂の分泌をコントロールしてくれます。また、皮膚の炎症なども抑えてくれ、肌を潤す効果があります。

 

ショウキョウエキス

これは、しょうがのことなんです。しょうがは、冷え防止に良く血流を良くしてくれますよね。もちろん頭皮の血行も良くなるのですが、それだけではありません。保湿もしてくれ、フケやかゆみもしっかり抑えます。

 

大豆たんぱく水解物

なんと、大豆の成分まで配合!抜け毛や薄毛を防いでくれ、ツヤッと美しい髪の毛を作ってくれる働きがあります。女性ホルモンの乱れをカバーしてくれるので、産後の抜け毛や更年期のつらい症状にも効いていきます。

 

ヨモギエキス

ヨモギには、女性ホルモンを整える効果があり、ホルモンバランスの乱れからの抜け毛を防いでくれます。そして、保湿効果もたっぷり。乾燥した頭皮にもしっかりと浸透し、炎症をすすめていきます。また、頭皮の血流も良くしてくれるので、髪の毛にはとても良い状態を作ってくれますよ。

 

当帰エキス

当帰は、セリ科の多年草。漢方薬として、名前が広く知られていますね。

 

血流をよくする効果がとても高く、炎症を抑えてくれる作用もあります。頭皮の血流を良くし、発毛・育毛を促進してくれるため、育毛剤に多く使用されています。

 

オタネニンジンエキス

薬用人参や高麗人参ともよばれており、とても健康に良いとされています。 肌の状態を良くしてくれるので、頭皮のトラブルを防いでくれます。また、血行を良くしてくれるので、薄毛・抜け毛には抜群の効果があります。

 

へちまエキス

頭皮を良いコンディションに保ち、しっかりと保湿をします。頭皮は、紫外線に当たりやすく、放っておくと乾燥しがち。そんな状態になってしまった頭皮を修復し、炎症を抑え、しっかりと潤った状態にしていきます。

 

こめ胚芽油

こめ胚芽が原料です。発毛の促進力が高いと言われていて、重要な役目を果たしています。副作用などもなく、安全な成分だから気にすることなく使用できますね。